2013年5月24日(金) 
マロニエ205号
19:00~21:30

出席者
 今井 曽我 山崎 中宿 松本 八森 高橋



模擬授業

松本  6年 4月 目標を立てるときの語り

・文集を読んでいるときの目線に注意。全体を見る必要がある。
 時には、声かけをする。
 「◯◯さん、聞いていますか?」など

・過去の卒業文集を読聞かせのは良い。
 ただし、それと目標決めとどうリンクさせるかが課題。


山崎  講座検討 ADHD傾向のあの子

・教室で立ちある子 友だちにちょっかいを出す子など
 具体的な例で考える必要がある。
 その上で、どのような対応があるか紹介する。

・脳内物質のドーパミン、ノルアドレナリンの紹介ははずせない

・叱らないことは大切だが、叱っても意味がないことを教師が理解する
 必要がある。脳がそうさせているのだから。


曽我  講座検討 教室環境

・どんな教室環境をされているのか非常に興味がある。
 特別支援に特化していなくても、こんな工夫していますよ、
 という紹介でも嬉しい

 

今井  社会 国民保険

・オリジナルの授業素晴らしいです。
 ポイントは、相互扶助。そこをメインに授業を組み立てること。
 国民保険の紹介だけで終わらないように。

 相互扶助が大切なんだ〜と実感できるように。 海外との比較などして。


中宿  音楽 リズム歌

・リズムよく、やるのが一番。
・練習をたくさんするともっと良くなる。




懇親会
びっくりどんきー
スポンサーサイト
Tag: