上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:













2009年

8月28日(金)

19時~21時
第8回例会報告



出席者

高橋優・有賀・山崎・戸谷
場所 

マロニエ

101集会室
【内容】


模擬授業


戸谷 「分数(4年)」


・導入はあっさりと扱う。等分するだけおさえれば十分。


・「1mを3等分した1個分の長さを1mの三分の一といいます。」


 これが大切。1mを強調。




山崎 「whats this」


・リズムが一定になってしまう。


・声に抑揚があると良い。


・褒められたと子どもが思えるように。


・でも、上手い。


有賀 「200字作文ワーク」


・個別に対応しすぎ。


・やんちゃ君への対応はある程度できる必要がある。


・「次しゃべったら怒られます。」など制するように。


3年生にとって作文用紙の使い方を学ぶのは大切。


高橋優 「オノマトペ」


・導入でリズムが崩れる


・子どもTOSSデーでやるので、学年がばらばら


 そのあたりの指導をどうするのか。




レポート


高橋 「2010年度TOSSデー企画案」


・とにかく楽しくやろう。


・楽しくやっているから参加してくれる人も楽しくなる。


・20人くらい来てもらえるように頑張ろう。


有賀 「社会3年指導案」


・フィールドワークが素晴らしい。さらに


 それをまとめているのが良い。


・単元計画をしっかりと練ると良い。


・単元計画が練れたら資料を集める。


 その資料から子どもたちに何を学ばせたいか考える。


・一番大切なのは、子どもたちがわくわくする発問を


 考えること。これが一番難しい。


懇親会


びっくりドンキー




スポンサーサイト
Tag:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。